wani diary

てきとうに。。。https://mobile.twitter.com/____wani____

Gravity-Poets of the Fall

Here at the station, standing in the rain,
雨の降り注ぐ中、ホームに立ちすくむ
lost in my train of thought
どうやら電車を逃してしまったようだ/ちょっと考えすぎたみたい
Looking around for a better time again,
また別のチャンスがあればいいけど
but yesterday ain't running on this track
昨日だって
電車には乗れなかったよね/機会を逃してしまったよね

Unpredictable fortune, my past, lights up my future, at last, ending my torture
いつ幸運が訪れるかわからないけど、僕の未来は明るいよ。でも最後は苦悩に終わるんだ

Like gravity like love,
まるで重力のように、愛のように
You get up after you fall
君は堕ちてから気づくんだ
Like gravity like love
まるで重力のように、愛のように
I'm not afraid anymore
僕はもう恐れはしないよ
Like gravity like love,
まるで重力のように、愛のように
You get up after you fall, I ain't afraid no more
君は堕ちてから気づくんだ。僕はもう恐れはしないよ

Out of no reason I've decided to stay,
なんとなくここに居残って
present a solution, to the problem,
解決策を考えることにしたよ
Typical of me, that I concentrate on the destination so much that I miss the journey there and back
僕らしく、目的地のことばかり考えてしまうから、ここまでの旅路を回想することにするよ

Unpredictable fortune, my past, lights up my future, at last, ending my torture
いつ幸運が訪れるかわからないけど、僕の未来は明るいよ。でも最後は苦悩に終わるんだ

Like gravity like love,
まるで重力のように、愛のように
You get up after you fall
君は堕ちてから気づくんだ
Like gravity like love
まるで重力のように、愛のように
I'm not afraid anymore
僕はもう恐れはしないよ
Like gravity like love,
まるで重力のように、愛のように
You get up after you fall, I ain't afraid no more
君は堕ちてから気づくんだ。僕はもう恐れはしないよ

If gravity was love, if gravity was love, if gravity was love...
もし愛が重力のようだったら…

【補足】
・train of thoughtーDon't[mess with me]にも出てきましたね。他にも“station” “track” “destination” “journey”といった言葉が使われているので、歌を通じて実際の「電車」とのダブルミーニングのようです。
それを踏まえると、1行目の“station”は関係の分岐点、“the rain”は恋人の涙かな。考えすぎかな

・if gravity was loveー重力のように、逆行することなく恋愛も発展すればいいのに…

 

男女関係の最後には“torture”「拷問」「苦痛」が待ち受けるという表現“at last, ending my torture”は、Fifty Shades Darkerに収録されていた[Lies in the dark]の印象的なフレーズ、“Love and pain go hand in hand”「愛と痛みはいつも一緒」に通じるものがあります。